神社仏閣で頂くことができる御朱印集め

こちらはハイスクールのところから神社仏閣等に興味を持ち始め、近頃は密かな話題ともなっている拝礼の証明です御朱印集めにハマっている。
そもそも御朱印は、もともとは寺院に納経した信者に授けられたものだとされています。納経された寺院はご本尊の称号(不動明王など)を中心に、寺院名称や詣で日程などを墨書きし、虎の子シグナルを押した一種の保持シグナルです「納経シグナル」を渡していました。自ずとこういう納経シグナルのことを御朱印といわれるようになったそうです。

御朱印の魅力は何といっても一筆はじめ筆丁寧に宮司氏や僧侶氏に書いていける事だ。強い文体で書かれた御朱印を見ると、僕も逆鱗も清らかになります。
そうして、もう一つの特色が神社仏閣を通じてことなる御宝シグナルや奇跡紋だ。御宝シグナルは、ご本尊を表す梵字が中央に入ったものが一般的ですが、宝珠やテキストなどのシグナルもあります。
奇跡紋は、その名の通り神社の紋、つまり家紋のようなものです。これらは、同じように見えて全てが異なっています。隔りを捜しあてることも御朱印集めの味わいの一つだ。http://www.footballfest2014.com/

神社仏閣で頂くことができる御朱印集め